神楽枇杷

誘惑を愉しむ者〜神楽 枇杷(かぐら びわ)






「ふふふ・・・次はどんなお遊びをお望みかしら・・?」


CV.橘みかん





概要 摘要
    生年月日 不明
     地位 京の都を守護する4大名家を敵としている。
     武器 不明
     術/技 幻惑の術、並びに幻術 / その他不明
     趣味 不明
     性格 相手を陥れる事に愉悦を感じる危険な女。
鎌衣同様、夜近達都の戦士を標的としているが『本気』で戦うのではなく、『本気』で遊んでいる分タチが悪い。
ヴェールを被っている事には意味があるが、その素顔は不明。
第2話にて涼が目撃した、『10年前と同じ女』は神楽の事である。涼曰く、失踪した母親に似ているらしいが・・・?

昼間は綾小路高等学部内で妖艶な保険医を勤めている。その人気の凄さは圧倒的で、男子の目を釘付けにしている。         
     口調 余裕を残した高飛車 / 大人の女
   口調特徴 『うふふ・・・・それはどうかしらね・・・?』
『何か文句でもあって?』
   交友関係 鎌衣とコンビを組むことが多い。
卑埜と華槻、この二人に対しても特にこれといった感情はなく、仕事仲間だと思っている。だが、事を起こす前は必ず4人揃わせるようにしている為、4人の中ではリーダーシップをとっている。
     備考 頬の梵字は夜になると具現化するが、昼間でも出す事はできる。
歌麿に一目置いている





 

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット